キッカケインタビュー - » 寺島裕人 | KeyPage(キーページ):誰かのキッカケを届けるメディア

キッカケインタビュー

日本に3000人しかいない重病と精神病を克服したキッカケ

寺島裕人(てらしま やすと)

Pay it Forward 代表
One Heart Project 実行委員

この鍵人のコンテンツ:

キッカケ記事

ドラマ化

ミュージック

追加取材

いま何やってるの?
誰かの願いを実現させるイベンターとして活動中。
テレビ局の交渉人や、時にはエレクトーンを操る音楽マン、イベントグループ「Pay it Forward」の代表など多岐に渡り活動の幅を広げている。

沢山の仲間に囲まれながら、誰かの「やってみたい事」を実現させる活動を行う寺島裕人さん。生まれつきの重病と、精神病の狭間で見た人の闇。「人」との出会いを通じ学んだ「変わり続けること」の真意 とは...

キッカケ①:日本に3000人しかいない重病と精神病と闘う日々

1985年10月24日大阪で僕は生まれました。
体重2420gの低体重児で、とても危険な状態でした。1週間以上も保育器に入り、なんとか一命を取り留めた後も、普通の赤ん坊よりも体が弱く、何度も死にかけました。

母は毎日のように僕を病院に連れて行きました。家から病院までは大きな坂道が続き、母は汗だくになりながら必死に自転車で通っていました。僕も母も毎日が必死でした…

そんな僕が3歳になった時、医者から突然宣告された病気があります。


『先天性下垂体性小人症(せんてんせいかすいたいせいしょうじんしょう)』


成長ホルモンの生成がうまくできず、一定以上身長が伸びなくなる病気。当時ここまで重度な状態は、日本には3000人程度しかいなかったそうです。僕は将来130cmで身長が止まると告げられました。

僕は正直、頭が良かった。生後6ヶ月でしゃべり始め、2歳の時には字も書けて、テレビゲームもできたし、プラモデルもよく作っていました。幼稚園の頃には、掛け算も割り算もできました。だからこそ、自分の人生はこれから必ず辛く苦しくなるだろうと…自分の置かれていることの重大さに、僕は幼いながらも気付いていました。


小学生になって、周りの子供たちと自分を比べると、やはり自分だけ極端に小さかった。それでも、僕は他の子に負けないくらい頑張りました。勉強も、スポーツも…とにかく負けたくなくて、身体が小さいから、それだけでバカにされたくない気持ちで一心でした。


それでも学年が上がるにつれて、無情にも僕と周りの子の身体の大きさは、どんどん開いていきました。

「みんなと違うから。」僕はそれだけでイジメられました。今まで仲良くしてくれていた友達でさえ、僕を無視するようになりました。信頼できるはずの先生でさえ、僕の話には耳を傾けようとはしませんでした。

キッカケ②:苦しい日々、失意の底から這い上がったキッカケ

img33


「僕だって好きでこんな身体になったわけじゃない!」


本当は思いっきり叫びたい。
でも、それを叫んでも僕の身体が治るわけじゃなかったから。だからいつも心の中で泣くことしか出来ませんでした。どうすることもできない感情をただ隠すことしか…


そうやって、面白くない学校での生活を過ごしていた時、ある事件が起きました。
父の友人が借金をしたまま行方がわからなくなり、父はその友人の連帯保証人だったこともあり、それと重なるように父方の祖父にも多額の借金があることが発覚しました。毎月の返済が追いつかず、父親はサラ金にも手を出し、やがて借金の総額は数千万円にまで膨れ上がりました。

父は一生懸命働きましたが、終わりのない地獄に向き合えなくなり、やがて酒に溺れました。両親のケンカは絶えず、僕と妹はいつも父の怒号が収まるまで布団の中に隠れていました。



その矛先が僕に向くのは時間の問題でした。


ただでさえお金がないのに、僕の病気は進行していきます。体は弱く、毎年検査入院を繰り返し、普通の子供よりもはるかにお金がかかってしまいます。ある時、酒に酔った父は僕にこう言いました。




「お前なんて、生まれてこなければよかったのに。」



今までで一番深く心に傷を負った瞬間でした。


「僕は一体、誰を信じれば良いんだろう…」


僕は生きる意味を失い、そして全てを呪いました。
カミソリを自分の手首に当て死を覚悟しました。これで楽になれると…しかし



「…悔しい」


悔しくて悔しくて仕方がありませんでした。
その思いが、僕の手を止めました。
「いつか絶対に見返してやる!俺以外のやつら全てを見返してやるんだ!」
その日から僕はもっと強くなろうと決めました。やがて誰にも頼らず、心から信用する人なんていらなくなりました。

キッカケ③:病の完治を経て、「人」との出会いで変わったキッカケ

img37


それからというもの、僕はいつも平気なフリをしながら、集団生活の中でやりやすくするための術も学び、友人も出来始めました。「負けたくない」という思いだけが、精神や自身の病を凌駕していきます。しかし、心の底では全ての人を見下し、僕の心は益々闇に落ちていく一方でした。


身長が伸びないこの病気は、中学校3年生の時に国からの援助と治療を受け完治させることができました。やっと夢見ていた普通の生活を取り戻すことができる…しかし僕の心の闇は、思った以上に深く根強く残っていて、精神的にはまだまだ治る見込みはありませんでした。

そんな僕が22歳の時、「ある人」と出会いました。
ひと夏に何度も一緒にキャンプに行き、楽しいことばかりをする人。しかし、とても厳しく、それでいて温かく、人のために自分の人生を使っている人でした。僕も少しずつ心を許しはじめました。


ある時、全てを周りのせいに、自分の病気のせいにばかりしていた僕を、その人は真剣に叱ってくれました。


「お前の周りがクソやと思っているなら、それはお前自身がクソみたいな人間だからだ!自分が変わらなければ、絶対に周りは変わらない。」


僕はその時初めて、良いところも悪いところも全て含めた一人の人間として接してもらえた気がしました。


「俺…変わりたいです。こんな惨めな人生…変えてやりたい!!!」



この人となら…その時僕は本気で「変わる」と決めました。

キッカケ④:親への感謝と苦労して手に入れた価値観を伝えていくキッカケ

img40


それからというもの、毎日その人に会いに行きました。

「紹介したい人がいるから会ってこい。」そう言われたら、どんなに遠くても会いに行きました。納得できないことでもとりあえずやりました。その人が持っているペンをマネて買ってみたり、話し方や歩き方も全てマネしました。とにかく出来ることは全てやりたかった。



交通費や交際費でお金が尽き、一日一食の生活がずっと続き、それを補う為にバイトを4つ掛け持ちして、殆ど寝ることもできなくて過労で何度も倒れました。毎日100km以上運転していた車は故障して動かなくなりました。疲れ果て、駐車場から家までのたった10mの帰り道の途中で寝てしまったこともありました。



辛くて、辛くて…それでも僕は変わりたかった。
「ここで逃げたら、もう二度と僕は変われない。」その思いだけがただただ僕を動かし続けたのです。
そして、その人との出会いから2年…手に入れたものがありました。
それは、どんな時でも『人に感謝し、人を信じ、自分が変わり続けること』の大切さです。そんな僕の姿を見てなのか、ある日母からこう言われました。



「母さんの子供に生まれてくれて…ありがとう。」と…



ずっと僕は母を責めてきました。こんなにも苦しいのは、こんな身体に生んだ母のせいだと思っていました。そう思わなければ、僕は誰にも自分の感情をぶつけることができなかったからです。
そんな母からのこの言葉の重さが、僕には痛いほどわかりました。

涙が…止まりませんでした。


自分の現在地が分かる。そして目指すべき先もわかる。僕はもう、昔の僕じゃありません。その人から言われ実行してきたこと、そして今この瞬間の母からの言葉、これまでの全てに意味があり、自分が病気に生まれたことにさえ感謝することが出来ました。


「俺の方なんだ…俺、母さんの子供に生まれて良かった…ありがとう。」


だからこそ、そう真っ直ぐ伝えることができました。「もう大丈夫。」僕はこの瞬間、精神病を克服することができました。


『自分が変わらなければ周りは変わらない』 そうまでしてこの理を教えてくれたその人に、どうしても僕は恩返しがしたくてたまりませんでした。「僕があなたにできる事はなんですか?」 その問いに対してその人が僕に言った言葉が忘れられません。「その感謝は…次に渡せばいい。今度はお前が誰かを助ける番だろ?」


img43_min


目の前に広がる大空はとても澄んでいました。
まるで僕の心を映すかのように晴れ渡った空でした。
新たな自分を武器に、初めて僕は自信をもって誰かの為に自分の人生を使うことができる。
今度は僕が、沢山の人にキッカケを渡すために。
これが僕のKey Page...

追加ストーリー①:寺島裕人 〜あのキッカケを経て〜

キッカケドラマ:KeyPageドラマ - 日本に3000人しかいない重病と精神病を克服したキッカケ

KeyPageミュージック:光と影

この記事をお気に入りに登録

掲載日:2016年09月08日(木)

鍵人No.0000

寺島裕人(てらしま やすと)

先天性の重病をかかえ、様々な精神病に冒されながらも、たった一人から始まる出会いを通じてその全てを克服する。

人と人との間にある可能性に感化され、イベントを入り口に数多くの人の絆と恩を繋いでいる。

現在、当サイト「Key Page」のプロジェクトリーダーとして奮闘中。

Pay it Forward / One Heart Project 公式HP

http://www.pay-it-forward-ohp.com/

Keypage 公式FBページ

https://www.facebook.com/keypage.jp/

最新のキッカケ

ほかのキッカケを見てみる!

ちょこっとKeyPage

ちょこっとKeyPageを見る