キッカケインタビュー - » 砂田康太 | KeyPage(キーページ):誰かのキッカケを届けるメディア

キッカケインタビュー

自他の垣根を取り払う――誰かのために、自分のために生きるということ。

砂田康太(すなだ こうた)

飲食コンサルタント

この鍵人のコンテンツ:

キッカケ記事

いま何やってるの?
父の想いを引き継ぎ、「飲食業界を牽引する」という使命のもと、飲食出店コンサルタントとして邁進しています! 体育会卒のビジネスアスリートを対象にしたコミュニティ「円陣」の代表も務め、運営しています。

3歳のころからサッカー一筋で生きてきた砂田康太さん。他者と自分を比べる気持ちが人一倍強く、もどかしさを感じて生きる学生時代でした。そんな砂田さんが、大学時代のある経験をとおして……。

キッカケ①:勝つことがすべて。

何でも与えてくれる両親のもとに育った。



我慢させられたとか足りないとか、そういう気持ちを感じた覚えがない。

ほかの家庭と比べても、何でもやらせてもらっている感覚がある。


3歳で「これやりたい」と言ったら、サッカーをすぐにやらせてくれた。

兄貴の通う塾というのが楽しそうで興味を示したら、すぐに通わせてくれた。

学校の部活じゃなくてクラブチームだから。小4の時に、本気でサッカーを続けるならほかの習い事は……という流れになった。

両親は二つ返事でほかの習い事をやめさせてくれた。


「おめえがやりてえ事せえ」

何かやりたいと言ったり相談したりすると、父さんは必ずそう言ってくれる。母さんも、頷いてくれる。



施設育ちの父さん。自分のしてきた苦労を子どもには、という気持ちがあるんだろう。

「我が子には人並み以上の生活をさせるって決めとるけん」これが、父さんの口癖。

朝は3時とか4時とか……めちゃくちゃ早い時間から競りに出て、魚を仕入れたり捌いたり。和食の料理人なんだ。

夜ほとんど寝られないぶん、午前中や昼のうちに仮眠を摂っているみたい。


独立して一旗揚げた飲食店の店主を特集するテレビ番組を、父さんはよく録画して見ている。

本当は店を持って独立したい気持ちがあるのかな、と思うところもあったけど。


僕ら息子や家族のために、確実に収入の得られる仕事……大変な仕事を続ける父さん。

やりたい事を犠牲にしてでも、僕らに不自由ない生活をさせてくれる父さん。

言葉と行動にズレのない、芯の通ったかっこいい父さん。

そんな父さんを支え、僕らに愛を注いでくれる母さん。


「何でも与えてくれる両親を、俺が、めちゃんこ喜ばしてやりたい」

もちろん、純粋にサッカーが好きだという気持ちもある。

でも、僕が結果を出すとめちゃくちゃ喜んでくれる両親を、もっともっと喜ばせたいという気持ち

もあった。



サッカー一本に絞って以降、岡山県で一番強いチームでキーパーとして活躍し続けた。

キーパーなんだから、ボールなんか来ないほうがチームとしてはイイ。

でも僕には、球が来ると燃えたぎるものがあった。

「よし、見せ場だ」「スーパーセーブして注目浴びてやる」

チームとして勝つのは当たり前。僕が注目されるかどうかが、僕にとっては大事だった。


僕がイイ働きをして取材されたりすると、父さんも母さんも新聞記事を切り抜き、ケーブルテレビの番組を録画して何度も見る。

ただただ、それがうれしい。



ただ、ここ一番で勝てないというところがあって。

その悔しさをさらに練習にぶつける。中学に上がっても持ち上がりで、引き続き県内随一の実力者の集うクラブチームに所属。


それぞれ習い事をしていた小学時代と違って、中学生になると、部活動という形でクラスメートの様子が少し見えてくる。

「なんだよ。いきがってるけど、県大会にも出れてないんじゃん」

「県大会なんてシードで出るもんでしょ」

「へえ、あれだけやってこんな感じなんだ」

相変わらず取材されたり、新聞に取り上げられたりして、注目を浴びているチームや僕。

頑張っていると言いながら結果を出していないクラスメートたち。


「勝てない奴はクズ」「負けた奴は一生負け犬。負けは覆せない」

もちろん、常に明確にそういう事を意識していたわけじゃない。

ただ、僕がクラスメートや学校の人たちに抱いている感覚を言語化するとしたら、そういう表現になる。


サッカーでトーナメント戦をするだろう。一度負けたら、敗者復活はない。

その感覚が僕の常識だから。サッカー以外でもその前提で、人を、世界を見る。

「負けたからこそ得られるもの」なんて、勝てない奴の言い訳に過ぎない。勝つほうがイイに決まっている。


勝ち続けなきゃいけない、というプレッシャーはなかった。

「これだけやってるんだから、そりゃ勝てるさ」


3年生に上がりチームの中心になり、いよいよ迎えた中国大会の決勝。

練習試合で何度も勝ってきた相手だ。負ける可能性なんてよぎらなかった。勝つ気でしかない。

全国大会のことだけを考えていた。

予定どおり先制した。このまま行けば勝てるはず。


それなのに。


相手チームのフリーキック。

どうして……。ステップワークが間に合わなかった。

いつもの僕なら止められた球だった。いつもの僕なら適切に判断して動けた状況だった。


試合の流れが変わり、追加点を許した。

誰にも責められなかったけど、自分が一番よく理解していた。僕のミスで負けたんだ。



チーム全体のスタンスもあって、すぐに冬の大会に気持ちを切り替えた。

大会前に愛媛県の島に遠征に行き、オフの時間にみんなで海に飛び込んで。

僕が水に入ろうとするその時、一瞬、潮が引いて浅瀬になった。


複雑骨折。冬の大会には欠場した。

決勝戦を終えたキャプテンが泣きながら電話してきた。

手術後の病室で、僕も、隣にいる母さんも泣いた。


「でも、俺が負けたわけじゃない」

この気持ちは、何なんだろう。何かをごまかそうとしているんだろうか。

「俺が出てたら勝ってた。チームは負けたけど、俺の負けじゃない。俺は負け犬じゃない」


どこかいびつなものを感じながらも、直視することができなくて。

全国に出られない悔しさを抱えながら、僕自身このままじゃいけないと感じながら。

がむしゃらにサッカーを頑張る以外の事をする勇気が持てない。


そのまま僕は高校に進学することになる。

キッカケ②:変えきれなかった自分。

僕ら1年生の代から本格的にサッカー部の強化の始まった高校。

サッカー部の実力自体はまだ低い。県内の大会でもベスト4あたりまで行くのがやっと。

僕らの代の主力選手は入学と同時に試合に出ていた。


中学までは県で一番のチームにいた僕。

ほかの部員に対して物足りなさを感じるなか、ひと際気になる存在がひとりだけいた。

何かにつけ、彼のことは特別意識する。


熊本県から越境入学してきたそいつは、遠征に向かう移動中、ずっと本を読んでいる。

僕らにとっては、バス移動の数時間は貴重な睡眠時間なんだけど。

オフの日なんて年に片手で数えられるくらいしかないんだけど、そいつはオフの日でも練習する。


すごい奴だと一目置く反面、人より上のつもりで入ってきた僕にはチンケなプライドがあって。

「あいつ、変わったな」と人に言われるのが気になる。立派だと感じる彼と同じように態度を変えることが、できない。

「オフの日くらい休めよ、キモいな」

自分自身のことがなかなか直視できず、そんなふうに言ってしまう僕がいる。



それなのに。

あるオフの日、僕はグラウンドにいた。「俺が打ち込むから、キーパーやってくれよ」と彼に誘われたんだ。


正直、オフの日くらい休みたい。

練習のつもりでいる日に練習をするのと、休みのつもりでいる日に練習をするのは、精神的な受け止め方が違う。

初めのうちはよくても、続けるにつれ、休みたいという弱い気持ちが出てきて。


そんな僕を尻目に、彼は顔色ひとつ変えない。黙々と蹴ってくる。毎回、少しずつ何かを変えながら。

このひと蹴りで何かを成長させる、そんな意気込みが伝わってくる。


人間だから、僕にあるような弱い気持ちがきっとこいつにもある。でも、それに負けないこいつ。

いったいどれだけのものを乗り越えて、こいつはこの境地で生きているんだろう。


練習のあと、自主練して残ることもあるんだけど、家の方向が同じなのでいっしょに帰ることもある。

下校途中、そいつは読んでいる本の話をしたり、他校のチームを研究して「対策としてこうしたらどうだろう」と提案したりする。


「なるほどね。そうだな、わかるよ」

それらしく、対等らしく、ドヤッと相づちを打つ僕。

でも、よくわかっている。僕と彼のサッカーへの姿勢が同等なんかじゃないことが。

サッカーへの姿勢、自分自身と向き合う姿勢。


こうしてみようと思った事を素直に行動に移す彼。

多少の困難があっても周りの目なんか気にせず、自分とチームのために行動を選ぶ彼。


キーパーとしては、僕は間違いなく岡山県一だ。彼はキーパーじゃないから、その点で争うことはない。

ただ、そういうコトじゃない。そういうコトじゃないと、彼と付き合えば付き合うほど痛感する。


彼に、ほかの部員に、僕の弱さがバレているのかはわからない。でも、自分にだけはごまかしが利かない。

このままじゃダメだ。何かを、どこかで変えなくちゃ……。



県の決勝、準決勝にも進めなかった僕らのチームは、僕が3年生の時にインターハイ予選を制した。

決勝でのこちらのゴールは数本、向こうは30本近くにも及んだ。そのシュートをすべて僕が止めて。


PKで、勝った。相手チームの主将のキックミスを誘発しての勝利だった。



取材陣は僕にインタビューを求めてきた。

翌日のラジオ取材では監督も「砂田のおかげだ」と絶賛。

確かに、そうだと思う。キーパーが僕じゃなかったら、チームはインハイに進めなかった。



だけど。


実力以上のものが実力と見られることが、空恐ろしくなった。これ以上実力と評価に差が生まれたら、僕はどうなってしまうんだろう。

確かに、運も実力のうちという。だけど、そういうコトじゃない。

ずっと、ずっと、気づいていた事。いつか、なんとかしなきゃいけないと勘づいていた事。


ずっと、プロサッカー選手とか、何かサッカーに関わる仕事をするつもりでいた。

でも、実力は自分が一番よく理解している。弱さも、ごまかしも。


職人である父さんをずっと見てきた。

生半可な覚悟や実力で、プロの道で食うことはできない。そう、背中で教えてくれた。



インターハイではベスト16まで行った。

全国で戦うレベルの選手と初めてまともに対戦したことも、自分の進路を考え直す後押しになった。


「サッカー選手になるためじゃなくて。自分を変えるために、磨くために、サッカーを続けよう」

そう決心して、東京の大学への進学を決めた。

高校でも変えきれなかった自分。それまでの僕を知る人の誰もいない環境で、今度こそ、強く生きるために。


キッカケ③:誰かのために生きられる自分。

全国レベルの選手と初めて対戦したのが高校3年次。

ただ、そういうレベルの選手と同じチームで切磋琢磨するのは、大学に入ってからのことだ。


187センチの長身でバカみたいなバネで跳んだりする先輩。

努力という言葉を超越して毎日研磨して、プロに進む先輩。

常に自分の想いや考えを言語化する、目的意識の高い同期。

実際にプロもたくさん輩出している、伝統のある部活だ。

彼らを越えるための努力の方法が、僕にはまったくわからなかった。


変わらなきゃ、変わろう、と決めてやって来た場所。

言いにくい事でも自分の意見を言うようにしたり、それまで以上に練習に打ち込んだりはした。


同時に、何をやっても覆らない実力の差にある種の絶望をした。

同学年のキーパーには上のチームに所属する奴もいるなか、僕は基本的にCチーム。



ごまかしの癖が出た。こんな環境でも、自分のポジションをつかみたくて。


教員になろうと教職課程を取った。

オフの日も1限から空きコマ無しで講義を取って、5、6限の時間はグラウンドで練習、その後自転車で学校へ向かい夜間の教職課程の講義を取る。

それなのに部活には手を抜かない。誰より真剣に打ち込む。過去のどの時期の自分以上に努力する。

たとえ結果は劣っても……「教職取りながらこれだけサッカーやってる俺」を免罪符にしようとする気持ちがあった。


教員を目指さないと決めたあとも、投げ出して負け犬になりたくなかったから教職課程の講義は取り続けて。

もちろん、部活との両立は言わずもがな。



だけど、初心をすっかり忘れたわけじゃない。自分を磨くためにこの大学のサッカー部を選んだ初心。


このまま続けていても上のチームでの活躍は難しい。

これまでCチームやBチームに所属し続けて、たまにAチームに追加登録されても、Aチームの試合に出ることはなかった。


そんな状況で改めて、自分の大学サッカーをやるに至った目的に立ち返った。

「サッカー選手になるためじゃなくて。自分を変えるために、磨くために、サッカーを続けよう」という当初の目的。


この環境で、僕はどうする?

自分を変えるため、成長するために、何が最善か?

自問自答を繰り返した。



そんな時、サッカー部の主務という可能性が見えた。部全体のマネージャーであり、責任者でもある。

選手として活躍できなくても、人をまとめるという立場でなら一廉の何かになれるかもしれない。


主務を務めるには選手をやめる必要がある。

プロを目指すつもりだったなら、たとえ上の試合に出られなくても選手であり続けただろう。

だけど、僕の進学の動機は違ったから。ここで何かを変えなきゃ、僕はずっとこのままだ。


僕の下したのは、主務になるという決断だった。



チームで日本一を目指し、サッカーを通じて人間的成長を追求する。

これを理念に据えて、練習以上にチームのあり方にアプローチした。

毎日毎日部員と対談し、本音を引き出そうとしたり、僕や監督の想いを共有したり。


日本一のチームなら、こういう場面でどう振る舞うか。

人間的成長を第一に置く人間なら、こういう場面で何と言うか。

チームに蔓延していた甘さの排除を一番の課題とし、僕自身率先して行動を改める。

「強いから、うまいから、この人だけは何かが見逃される」なんて、日本一のチームにはありえないから。


変化は、もちろんチームにも生まれた。でもそれ以上に、僕自身の心のあり方の変化に驚いた。

主務になって半年強、4年次の夏前に迎えた強豪校との試合。

先制後、一度逆転を許し、それをさらに覆して3対2で下したその瞬間。



「僕の出ない試合は全部負ければいい」

そんな事まで思っていた僕が、涙を流して喜び、感動していた。

人のために流す涙が、こんなにも熱いなんて……!!!



人の上に立ち、自分自身がどんどん変化してゆく。

それは、傲慢でちっぽけだった過去の自分のみっともなさを直視するプロセスでもあって。

「見なくちゃ、変えなくちゃ」とずっと勘づきながら避けてきた事だから、楽なわけがない。


でも直視するつらさ以上に、思いがけない方向に変化してゆく自分自身への驚きと喜びのほうが、うんと大きかった。

まさか僕が、人のために何かをして、泣いたり喜んだりできるようになるなんて。

下のチームにいた子が上のチームに上がって活躍するさまが、本気で喜べるようになるなんて。

選手であろうとなかろうと、チームはひとつ――チームの一員として、主務という役割をまっとうすることで、何かを成し遂げる。

それが、こんなにも感動的だったなんて。


自分が自分だと思っていたものの殻が破れ、大きくなる。

自分が自分だと思っていた範囲が広がり、仲間が自分の一部と感じられる。自分が仲間と一体だと感じられる。



4年次のリーグ戦を終えるまでの1年間、主務として務めた僕の変化は、とても言葉に表しきれない。


キッカケ④:想いを引き継いで。

就活をして、一度内定を頂いた。ただ、高校や大学に進む前みたいなワクワクした野心は湧いてこなかった。

「4月から、この会社が舞台になるのか」

面接官に憧れたり、いろんな意味付けをしたりして、選んだ会社。ここに来て抱いているこの感覚は、何だ……?


自分に嘘をついて進むことはできなかった。

社会人になっても、本気で生きていたい。主務をやっていたころと同じ熱量で、仕事に向き合いたい。


内定を辞退して、もう一度本格的に自己分析をした。

自分の好きな事と嫌いな事、どんな事に心を動かされるか、両親の影響、価値判断の基準……。


「父さんみたいな飲食業界の人の力になりたい」

根っこにある、そんな想いに気づいた。



独立したいという気持ちを持ちながら、家計が担えなくなるリスクを考えて、挑戦せず勤めてきた父さん。

独立起業した料理人のテレビ番組を見る父さんに、「やりてえならやりゃいいのに」と思ってきた。

僕ら息子には「おめえがやりてえ事せえ」と言い続け、本当にやらせてくれたのに。


尊敬する大好きな父さんだけど、そこだけは言行一致していないんじゃないかと思ってきた。

だけど、主務という経験を持った僕には、違ったものが見えた。


父さんは、夢を諦めたんじゃない。

もっと大事なものが出来たんだ。

僕ら家族がやりたい事をやる、その環境を自分が作ってやる、というもっと大事な夢が。

自分が店をやること以上に、僕らがやりたい事をやることのほうを望むようになったんだ。

だから、時にもともとの夢が首をもたげることがあっても、もっと大切なもののほうを貫き続けたんだ。


そうやって、愛と自由を与え続けてくれた父さん。

数年前に肝臓ガンが見つかったものの、早期発見だから治療しながらうまく付き合って、いまでも現役で頑張っている。

そんな父さんの力に、今度はなりたい。父さんみたいな飲食業界の人の力に、なりたい。そのために。



まずは実地の経験をと思った。

カフェの店舗運営をしながら、閉店後にチャリンコで移動、終電まで日本料理屋で修行する日々。

現場に慣れ、あれこれ覚えるのに必死だった数ヶ月を経てふと息をついた時、もの足りなさを感じた。

「この先に僕のしたい事はあるのかな」

「この日々の先に、父さんを助けられるような自分が本当にいるのかな」


悶々と悩みながら、仕事をする。

「主務をやっていたころと同じ熱量で、仕事に向き合いたい」

そう思って就活をやり直したのに、いまの僕のあり方は……。

だけど、「一度勤めたら3年は」「まずは現場で力を」なんて固定観念も強くて、何かを動かす勇気も持てずにいる。


その年の7月。


前日まで東京に遊びに来ていた母さんから、深夜に電話があった。無事家に着いたという連絡にしては、時間帯がおかしい。

「お父さんの容態が……」


すぐに休みを取り、実家に飛んで帰った。


直前まで仕事をしていたという。

ガンが見つかっているとはいえ、父さんが闘病しているという意識は僕にはなかった。

これまでに何度か危なくなっても、必ず持ち直してきた。もちろん、今回だって、きっと。


顔はパンパンで、会話もできなくて……でも、父さんは絶対に元気になる。手を握り、祈る。


明日がヤマだと言われながら、そうだとはとても思えていない自分。

そのとおり、翌日は持ち越した。

そして、もう一日。


父さんは亡くなった。持ち直さなかった。永別の可能性の受け入れられないまま、僕はその時を迎えた。


「明日死んでも後悔しない生き方を」本や映画でよく聞く言葉が、真実味を伴って初めて突きつけられた。

父さんは、きっと後悔しなかった。店を持つことを選ばなかった父さんは、一番大切な願いを叶え続けてきた。

自分の夢以上に大切なものを見つけて、それを貫いて、きっと……納得して生ききった。


じゃあ、僕は? 僕はどう生きる?

明日僕が死んだら、絶対に後悔する。父さんのように死ぬことはできない。

どうする? サッカーをやっていたころの熱量で、主務をやっていたころの熱量で、毎日を生きるとしたら。


「おめえがやりてえ事せえ」


店を、辞めよう。

父さんのような飲食業界の人たちに直接働き掛けられる、コンサルティングの仕事に就こう。


父さんは僕に夢を託してくれた。自分の夢以上に、僕が僕らしく生きることにその人生を懸けてくれた。

その父さんは死んだ。

だけど、父さんの想いを受け継いで生きるなら。

父さんのような料理人や飲食業界の人の力になって生きるなら。


きっと、父さんは天国でずっと笑っていてくれる。父さんは僕のなかに生き続ける。

僕は、父さんとともに生きてゆく。


飲食業界を牽引する存在に。

「俺は必ずやるよ。父さん、見守っててな」



これが、僕の見つけたKeyPage、僕の貫くKeyPageです。

この記事をお気に入りに登録

掲載日:2018年11月22日(木)

鍵人No.0085

砂田康太(すなだ こうた)

1994年、岡山県倉敷市生まれ。3歳でサッカーを始める。高校3年次、同校初の全国大会出場を果たし、インターハイベスト16に。大学4年次、サッカー部の主務として130人の代表を務める。大学卒業後、飲食業界の現場を経て転職、現在は飲食店の出店コンサルティングを手掛けている。同時に体育会卒のビジネスアスリートを対象にしたコミュニティ「円陣」を代表として運営。

最新のキッカケ

ほかのキッカケを見てみる!

ちょこっとKeyPage

ちょこっとKeyPageを見る