コラム:息子から学んだ好奇心の作り方 | KeyPage(キーページ):起業家の「人生を変えたキッカケ」を届けるメディア

スタッフのつぶやき

コラム:息子から学んだ好奇心の作り方

ちょこっとKeyPageでは、普段何気ないところから気付いた小さなキッカケを掲載します。寺島裕人さんのちょこっとKeyPageとは?

妻と当時2歳になる息子と水族館に遊びに行きました。
普段中々遊びに行く時間をとれない僕にとっては、とてもとても大切な時間。

「この前まであんなに小さかったのに、こんなに大きくなったんだなぁ。」

なんていつにもなく親心が僕の感情をくすぐります。

「ねぇこのお魚さんはなんてお名前?」

「このお魚さんはなんでこんな形しているの?」

「どうして泳ぎが上手なの?」

「なんでキラキラ光ってるの?」

嬉しそうに一つ一つの水槽を見て回る息子。

その時僕はとても大切なことに気が付きました。
僕も好奇心が強い方だけど、こんなにも一つ一つのことに関心をもって物事を見れていたかなぁ。

大人になるにつれ、自分の進むべき道や、自分に必要な視野が分かってきてしまうから、
それと関係のないものにはあまり興味を示さなくなってしまう。
関係のないものだと決めつけてしまう。

でも、きっと全てのことに意味があって、意味があるからこそ存在していて。
その一つ一つをきちんと知ろうとする心構えを、僕は息子から学んだ気がしました。

もっと色んなことに心から興味を持てる人になろうと思えたなぁ。ホント子供から学ぶことは沢山♪

キッカケワンポイント!
どんなことにでも好奇心を持ってみることが、自分自身の視野を広げる結果に繋がる!

掲載日:2017-07-03
提供者:寺島裕人

この鍵人のキッカケを記事を見る

鍵人No.0000

寺島裕人(てらしま やすと)

1985年、大阪府生まれ。先天性の難病が原因で精神病を患うが、22歳の時にある出会いをきっかけに精神病を完治。人と人との出会いから生まれる可能性に感化され、2010年、恩送りを行うイベントコミュニティ「Pay it Forward」発足。2012年、すべての人に可能性を渡す人型クラウドファンディングサービス「One Heart Project」をサービスイン。2016年、ドラマ化されるインタビューメディア「Key Page」オープン。制作したドラマはテレビ放送にまで発展する。2017年、人材教育と地位活性事業「僕らの文化祭。」をサービスイン。同年、株式会社オモローを設立する。イベントプロデュース数は200企画以上、また動画配信の専門家として読売テレビ放送株式会社のライツ事業の著作権交渉人としても従事する。

株式会社オモロー

https://www.omorooooo.co.jp/

僕らの文化祭。公式HP

https://www.bokurano-bunkasai.com/

最新のキッカケ

ほかのキッカケを見てみる!

ちょこっとKeyPage

ちょこっとKeyPageを見る