キッカケインタビュー - » 加藤 里絵 | KeyPage(キーページ):誰かのキッカケを届けるメディア

キッカケインタビュー

ブレてばかりだった私が、ブレない生き方を見つけたキッカケ

加藤 里絵(かとう りえ)

FUFU 代表
Mariageコンサルタント

この鍵人のコンテンツ:

キッカケ記事

いま何やってるの?
恋愛・結婚という切り口から女性を支援する事業家としてフリーランスで働く。FUFUを立ち上げ、女性の恋愛・結婚のサポート事業を展開。「愛ある結婚生活を送る人を増やす♡」がコンセプト。

2016年8月にリクルート(ゼクシィ)を退職し、女性の恋愛・結婚を支援する事業家として独立した加藤里絵さん。思春期の頃は周りに合わせてばかりいていた彼女が「自分らしさ」を見つけたキッカケとは。

キッカケ①:学生時代、自分のあり方について疑問に思う毎日

-どうしてそんなに自分のやりたいことが明確で、いきいきしているのか??-


中学高校生のときは内向きな方でした。
だけど、高校3年生の時に通ってた塾にいた、チューターとの出会いがキッカケで、変わろう、変わりたい!って、思えたのかもしれません。


%e5%8a%a0%e8%97%a4%e9%87%8c%e7%b5%b51-min


中学生くらいの時は、悩んでばかりいました。
友達関係のこととか、自分ってなんだろうとか。


中学2年、3年の時、自分と気が合う子がクラスにいませんでした。
派手目なグループと、地味目グループとではっきり分かれていて、どちらかというと中間だった私は、居場所がなくてどっちのグループにも行ったり来たりする。
そのうち、自分の事がよく分からなくなり、いつも悩んでいました。


悩みを抱え過ぎて、誰にも相談できなくなる。
こういう自分の悩みは、親とか友達に相談するのも躊躇してしまうもので、相談しても解決しないと思っていました。
それ以降、精神世界みたいなものに興味を持つようになり、哲学の本とかを読むようになりました。そういうのを読んでいれば答えが見つかるのでは?と思っていました。


%e5%8a%a0%e8%97%a4%e9%87%8c%e7%b5%b52-min

キッカケ②:初めて尊敬できる「先生」と出会ったキッカケ

そんな状態のまま、高校生になっても相変わらず「自分」の軸がなく、ブレた自分のままでした。


高校三年生の時、受験のために近所の「市進学院」という塾に通い始めました。
新卒2・3年目くらいの、キレイめな女性の人が私の担当チューターになりました。


先生は「自分」をしっかり持っていました。
チューターの仕事をしながら、バンドのボーカルをやったり、サロンモデルをやり、自分のやりたいことをやりたいようにやっていました。
周りに左右されてないところが、その時の私から見て、とてもカッコ良く見えました。


%e5%8a%a0%e8%97%a4%e9%87%8c%e7%b5%b53-min

キッカケ③:色々な想いを相談して見えてきた「自分の軸」

私は勉強や進路のことだけではなく、恋愛とか友達関係とか自分自身のあり方とか、色々なことを相談していました。
いつもその先生を2~3時間くらい占領して話していました。
私以外にも担当の生徒持ってたのに、ひとり占め状態でした(笑)


先生は、「うんうん、大変だったね」と同感するタイプじゃなくて、サッパリしてて、時には厳しく言ってくれるようなタイプの人でした。
それが当時の私にはちょうど良かったのか、カウンセラーとか、そういうタイプの人が必要だったのだと思います。


その先生とたくさん話しているうちに、だんだん自分の考えてることがまとまってきました。

キッカケ④:前向きに物事に取り組み、軸が定まったキッカケ

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e9%87%8c%e7%b5%b54-min


先生と話したおかげで、「自分」っていうものが分かった感じがしました。何より「先生」という理想像を持つことができて、「自分らしく!ブレない自分を作ろう!」っていう目標を持って大学に入れました。「先生」みたいになりたくて、私もサロンモデルやバンドのボーカルに挑戦してみました。


また、大学のサークルが学内だけで固まりがちな感じだったので、インカレサークルの見学に行きました。
そこで出会った人たちとイベントを企画したり、繋がりを作っていきました。
自分は、人見知りで人の好き嫌いが偏っていると思っていたので、それを克服する良い機会になりました。


%e5%8a%a0%e8%97%a4%e9%87%8c%e7%b5%b55-min


きっと先生に出会わなかったら、大学でもまた周りに合わせて、好かれようとして軸がブレてばかりなことをやってたのかなと思いました。
起業家になって、自分をブランディングして、他の女性から尊敬されるような女性になろうとは思わなかったでしょう。


チューターさんに出会えて、本当に良かったなって思っています。
私が変われた大きなキッカケ。

先生との出会いが、私のKey Pageです♪


%e5%8a%a0%e8%97%a4%e9%87%8c%e7%b5%b56-min

この記事をお気に入りに登録

掲載日:2016年10月03日(月)

鍵人No.0006

加藤 里絵(かとう りえ)

1989年3月5日生まれ、千葉県出身。

新卒でブライダルの会社に入社するも、現場の荒んでいる感じに違和感を覚え転職。

ITベンチャーで営業を担当し、電話セールスでTOPに上り詰め、その後リクルートマーケティングパートナーズ ゼクシィに勤務。

その後、独立して女性の恋愛・結婚のサポート事業を展開。

https://www.facebook.com/rie.kato.58

最新のキッカケ

ほかのキッカケを見てみる!

ちょこっとKeyPage

ちょこっとKeyPageを見る