櫻井允秀 Episode1:無力さに打ちひしがれて。 | KeyPage(キーページ):起業家の「人生を変えたキッカケ」を届けるメディア

» 櫻井允秀 Episode1:無力さに打ちひしがれて。

八潮市に越してしばらくすると、転校先でいじめられるようになった。
どうも、僕に惚れて振られた女の子が逆恨みして、裏で糸を引いているらしい。表立ってやってくるのは男なんだけど。

学校に行くと机がない、上履きがない、体操着がない。机なんてでかいモノ、どこに隠すんだろうと思うけど。
なんとかうまくやろうと彼らの調子に合わせてみるも、効果はない。参ったな。

学校に行かなくなった。しばらくすると親にも気づかれた。
どうしようかなと思って、深夜に2階から抜け出して家出。……したものの、飼っている犬が吠えてすぐに見つかった。

「なんで家出なんかしたんだ。不満でもあるのか? 」
普段会話なんかしない父さんと、差し向かいで初めて話した。慰めてくれるかな、といじめのことを打ち明けてみたら。

「バカじゃん。ダサっ」
拍子抜けした。同情とか、ちょっとくらいは期待していたのに。
「操ってんのは女でも、やってくんのは男だろ。まだ子どもなんだから、喧嘩すりゃいいんだよ」

そんな考え方があるのか!
こちらが彼らに歩み寄らないと仲良くなれないと思っていた。媚びてダメだから諦めていた僕に、父さんの言葉は衝撃的だった。

それから3ヶ月、父さんにもらった“口喧嘩で勝つための本”をたくさん読んで。ひ弱だったので、筋トレもした。
学校に戻って前と同じ扱いを受けた時、こちらの言い分をキッパリ返した。
一度だけ喧嘩になった時にも勝った。小学生は、強い奴にあっさりなびく。
僕をいじめていた奴らは、ターゲットを変えた。もともといっしょになって僕をいじめていた男の子のひとりに矛先が向かう。

「なんでそういう事すんの? くだらなくね? 」
2、3度言うと、そういう雰囲気はなくなった。僕が一言言えばクラスメートが動くようになったんだ。

別に、そいつをかばってやりたいとかじゃなくて。
僕がやられた事を今度は僕がけしかけたり黙認したりしたら、その連鎖は終わらないじゃないか。それはなんか違う。
はからずも持った影響力というものを、僕は誰かのために使いたい。

地元の中学に進み、少々やんちゃをした。
先制攻撃なんかしない。ただ、自分の中学校の誰かが傷つけられたら、仲間を引き連れて他校に殴り込みに行く。
自分を慕ってくれる仲間の力になりたい。頼られる存在でありたい。
そのために必要ないと思った授業は受けない。必要だと思うから経営者の本を読みあさる。
親も理解のあるほうで。あまり学校に行かずバイトする僕を「やりたい事があるならそのほうがいい」と認めてくれる。

中学卒業と同時に、貯めた金とローンでバイクを買った。
毎月数万を払うために、高校には進学せずバイトで稼ぐ日々。
バイクを安く仕入れて直してやんちゃ仲間に売るようなビジネスも始めた。

そのころ、幼馴染と付き合っていた。
仕事のない日はよく会いに行って、デートしたり何でもない話をしたり、家で過ごしたり。

クリスマスの数日前、その日も僕は彼女の家でゲームをしていた。
「ねえ。もし、子ども出来たらどうする? 」
「は? え? いや、無理っしょ。俺16だよ」
唐突すぎた。ゲームだっていまイイところ。何でもない会話だと思って答えた僕に、彼女は急に怒り出した。

「何なの、それ。そんな言い方、なくない!? 」
なんでいきなりそうなるんだよ。マジで妊娠したわけじゃあるまいし……。

と思ったら、実は、妊娠したかもしれないなんてことだったらしい。
それならそうと言ってくれよ。「話がある」とでも切り出してくれれば、まじめに考えてモノを言ったのに。

12月24日、連絡はせず。向こうからも来ない。
10代のカップルがクリスマスにいっしょに過ごさないなんて。意地もあるけど、クリスマス当日に電話してみた。
電源が入っていないとのアナウンス。
「ヤベえな、めっちゃ怒ってんな」

翌日も電話が通じない。そのまま年を越した。
年明け、さすがに心配になって彼女の家に行った。誰もいない。
日を変えてもう一度行った。喧嘩していても2回も家を訪ねるくらいには、本気で好きなんだ。

「あなた、何してんのよ!? 」
いきなり怒鳴られた。彼女のお姉さんだ。
「え、いや、すいません」
とっさに謝ったものの、喧嘩はお互いさまじゃないかとも思った。が、そういうコトじゃなかった。

彼女はクリスマスの日に事故に遭って、危篤状態。
その事故に居合わせたのが、彼女の友達と、元彼……だという。

クリスマスに、ほかの男と……元彼と、彼女が?

お姉さんに連れられて病院に行った。酸素マスクをし、管につながれ、ピクリとも動かない彼女。
大切な人が死にかけている事態が受け入れられなくて。頭を殴られるようなショックは、彼女を失おうとしているからなのか。

それだけじゃなかった。

裏切られたという想い。
湧いてきたのは悲しみより怒りのほうが大きかったと思う。でも、極限状態にあるとそれすらワケわからなくて。

そのぐちゃぐちゃな感情をぶつけたい相手は、目の前で生死の境をさまよっている。
責めようにも責められない。問いただしたくても、何も答えてもらえない。

怒りを通り越して、感情が自分でわからない。いま何が起こっている、僕のなかで?

病院から飛び出して、知り合いに連絡して回った。いっしょにいた元彼は即死だった、とすぐにわかった。
葬式に行き、抹香を投げつけた。元彼の仲間たちにボコボコにされた。

そりゃそうだ。常識的な行動じゃない。だけど、だけど……。
「俺の気持ちはどうなるんだよ! 俺の気持ちだって、俺だって……!!! 」

自暴自棄になった。暴走族に入って、すぐにトップになった。

彼女の両親が仕事を増やして治療費を工面するなか、労働時間を増やしたお母さんが精神を病んでしまった。
面会に行っても、僕が誰だか認識できない状態。
僕が娘の彼氏だとわかる時は、暴言を吐かれた。
「あんたのせいだわ。あんたが喧嘩なんかしなかったら、この子は事故になんか……」

暴走族をやりながらバイクを売り続け、僕が治療費を肩代わりした。
お母さんが潰れたなら僕が払わないと、彼女が死んでしまう。裏切られたという想いを抱えながら、それでも大好きな人だった。

ただ、売るのはバイクだ。リピートの期待できる生活消耗品じゃない。
地元の人脈で、バイクを買う人が次から次へと見つかるわけでもない。

いったい何ヶ月踏ん張ったんだろう。
「ごめんなさい。もう……払えません」

治療が打ち切られ、彼女は死んだ。
お母さんには「殺人者」と呼ばれた。

それもそうだな、と思う。

あの日、喧嘩なんかしなかったら。
彼女の真剣さや不安に僕が気づいて、まじめに答えていたら。
治療費を払い続けられるだけの経済力が僕にあったら。

自分の器の小ささに絶望した。お金がないと、誰も助けられない。

僕のなかのお金の定義が変わった。大切な人を守るために、お金を稼ごう。そして、使おう。
こんな想いをもう二度としないために。

掲載日:2018年12月05日(水)

このエピソードがいいと思ったら...

この記事をお気に入りに登録

ACI PROMOTION株式会社 代表取締役社長

櫻井允秀(さくらい よしひで)

人一倍利他の姿勢で生きてきた櫻井さんの人生は、通常ではとても乗り越える道の見出せないような困難の連続でした。「何度転んでも起き上がれる」という、櫻井さんの自分自身への信頼感の根拠とは。

エピソード特集