» 素を出すことの心地好さ | KeyPage(キーページ):誰かのキッカケを届けるメディア

スタッフのつぶやき

素を出すことの心地好さ

「人生楽しまなきゃもったいない」

生きていく中で大切にしていることはいくつかあるけれど、これもその一つ。 だけど、楽しいだけでは深味がない。
“楽しいこと”で出会った仲間と、何かを一緒に作り上げたり、大変なことに取り組んだり。
それを達成できたときに初めて、深い満足感を得ることができる。最近強くそう感じました。

仲良くなった関係性をどう深めたら良いのか考えたとき。
お互いに言いたいことを言い合ってから歩み寄り、壁を越えたと感じたとき。
そうして近くなった関係性は、何でも言えるようになりました。

楽しい時も、苦しい時も共有するからこそ深くなる絆

楽しい時間にしようと力むのではなく、「眠い」「疲れた」そんな素のままの気持ちを呟く。
そればかりになるのは相手も不快になってしまうけれど、こういう素を出せる関係性はとても居心地が良いものです。
自分だけでなく、相手のそんな一面も受け入れる。
さりげないかもしれないけれど、そんな空気のような関係性も良いものなのだなと感じました。

楽しみつつ、色んな壁を越えつつ、こうした素を出せる関係を、たくさん築きたいものです。

キッカケワンポイント!
ありのままの自分をさらけ出し、そして相手も受け入れることが本当に一緒にいたいと思える関係を作る!

掲載日:2017-04-16
提供者:外山真悠美

最新のキッカケ

ほかのキッカケを見てみる!

ちょこっとKeyPage

ちょこっとKeyPageを見る