キッカケインタビュー - » 松本佑哉 | KeyPage(キーページ):誰かのキッカケを届けるメディア

キッカケインタビュー

あの人にもらったものを、今度は僕が――石橋を叩いて渡る僕の独立物語。

松本佑哉(まつもとゆうや)

戦略コンサルタント、Dining Cafe & Bar Actiオーナーシェフ、公認会計士

この鍵人のコンテンツ:

キッカケ記事

いま何やってるの?
新宿のダイニングバー「Acti」のオーナーシェフをしています。人と人をつなげるコンテンツプロデューサーとして、店を盛り上げるべく日夜頑張っています。

ダイニングバーを経営する松本佑哉さん。料理人を志した学生時代から紆余曲折を経て東京に出た彼に大きな影響を与えたのは、ある女性との出会いでした。現在の松本さんの活動に至るまでのエピソードを振り返ります。

キッカケ①:石橋を叩いて、めざす道を。

中学校の近くに、めちゃくちゃウマいクレープ屋がある。


たいていの商品が、1個250円。僕の小遣いは月に1000円。
どんなに切り詰めても週に1個、月に4個しか買えない……。
たらふく食ってみたいなあ。成長期だもの、そんな気持ちがだんだん大きくなって。
ある時、ふと気づいた。卵に小麦粉に……家にあるもので作れるじゃん。
フルーツとクリームチーズだけ小遣いで買えば、あのゴージャスなクレープがいくらでも食べられる!

僕が料理を始めたのはそんなのがきっかけだった。
両親が共働きということもあって、昼ごはんやおやつは自分で作るように。

もともと好きだった料理番組もよく見るようになった。
「男子ごはん」のケンタロウさんに特に惹かれた。
あの人は料理研究家というより、プロデューサーなんだよな。



そう、もともと僕はプロデューサーのような存在に憧れていた。
住んでいるのは滋賀県。わかるかな? ここ、シゲキが何もないんだよ!!!
小学生のころには、将来は都会でチャレンジしようと決めていた。

テレビを見れば、お笑い番組とか、経済や技術的なニュース、いろんなおもしろいものがあるのに、
僕は滋賀の片田舎に住んで、それらを消費することしかできない。
CDショップでアーティストのCDを買う立場は、おもしろいものを生み出す立場と決定的に違う。
そう感じていた。

学祭なんかに携わっても、比較対象が三木谷社長やホリエモンだから、「子どものする事だからこんなもんだよな」なんて冷めていて。
目の前で楽しめるバスケ、高校からは空手……部活にだけ熱中する学生生活だ。

料理人になろうと考えたものの、親の性格を考えて、調理師ではなく大学で管理栄養士をめざすことにした。
店を持ちながら、食を切り口としたコンテンツプロデューサーみたいな事がしたいな、と。

センター試験を受けた翌日に、料理人として店を持っても一度潰れたら負債を抱えて立て直すのがきついな、と考え直す。
すぐに公認会計士志望に切り替えた。
これで、事業のスタートアップに必要な事が半分学べる。
そうすれば自分の事業はもちろん、人の事業の立ち上げを助けることもできる。
プロデューサーには必要な力だよね。

リスクを取らず、絶対に転ばないように周到に準備するタイプなんだ。
ちょっと石橋を叩きすぎるキライもある。



本当は東京の大学に出たかったけど、親は猛反対した。
代わりに頼み込んで、地元の大学に通う代わりに公認会計士をめざす専門学校の費用を全部出してもらうことに。
ダブルスクールを選んだ。
20代で力をつけて、30で自分の城を持つなり何なりしよう、そんな青写真を描いて。

学生合格は難しいと言われる公認会計士の試験には、4年次に合格。
12月からバイト採用される監査法人に就職するため、大学4年の冬には念願の東京暮らしを始めたのだった。

キッカケ②:豊美姉さんに教わった事。

テレビや本の向こう側の世界だった東京。
日本で一番、すごい人やおもしろい人の集まっている街だ。
仕事の合間を縫って、おもしろい人に会いまくると決めていた。

おもしろい本を見つけると、裏の連絡先に直接メール。
SNSで話題になっている人にはダイレクトメールでアポを取る。

相手にされないこともあるけれど、案外皆優しくて、けっこう会ってくれる。
みんな歳上なので、おもしろい話をしてくれるのにさらにおごってくれることも多かった。
素直に貪欲に学ぼうとする若者に、人は優しいんだね。





ある日、mixiの話題のトピックにキレイなお姉さんが入っていた。
投稿を読んでみると、めちゃくちゃおもしろい。

失礼な事は書かないんだけど、視点が鋭い。
自虐ネタもあけすけで、カラっとしていて読後感も爽やか。

「キレイなお姉ちゃんやなあ。元ネットアイドル? おもしれえなあ」
さっそくダイレクトメールを送った。
「滋賀から出てきた22歳の公認会計士です。
 東京でおもしろい人に学びたくて、中村さんにもメッセージさせていただきました。
 一度会って、いろいろ教えていただけませんか?
 僕のほうではこの日とこの日が空いています」


「会う前提で出してくるメッセージ……メールマーケティングとかちゃんとわかってる子だなと思ったのよ」
生身の中村豊美さんもめちゃくちゃキレイで、僕のことをたいそう気に入ってくれた。

「向上心があって優秀ね。いいわ、私の周りのすごい人全部紹介してあげる」
「本当ですか!? 」
「うん。紹介して、私がいろんな事教えてあげるよ。
 人との付き合い方、人の見極め方……。東京にはいろんな人がいるからね」

ちなみにその日が豊美さんの誕生日で、「年下の男におごらせるわけには」と誕生日にお金を出させてしまったのは笑い話だ。





その後僕は、豊美姉さんの交友関係のパーティに頻繁に出席するようになった。
「今日は初めてだから、私が会話を主導するね。
 佑哉くんはその様子を見て、合わせられるだけ合わせたらいいわ」
そのとおりに時間を過ごし、いろんな人と名刺交換し、終わったら近くのカフェに。
「今日会った人の印象、どうだった? 」
「誰のことをどんな人だと思った? 理由は? 」
「深く関わらないほうがいいと思ったのは誰? 」
「あの受け答えよかったわ。どうしてああ言ったの? 」

しばらくすると、こんなふうに。
「佑哉くん、慣れてきたでしょ。今日は佑哉くんが主体になって会話してごらん」
「今日は、会場を別々で回りましょ。私がこっち回り、佑哉くんが時計回り。
 反対側で落ち合って、今日の会場で付き合ったほうがいい人、ヤバい人、すごい人、理由も含めて答え合わせしましょ」

もっと進むと、会場に入った瞬間
「佑哉くん、今日の会場で一番すごい人とダメな人、誰と誰だと思う? 」

毎回指導してもらい、ぱっと見た時のその人の雰囲気や佇まいで人となりが判るほどに、人を見る目を養わせてもらった。





東京に出てきてすぐのころは、年長の相手に好かれすぎて困ることがあった。
期待を掛けられすぎて、「起業したいなら俺の会社やるぞ」と言われた、なんてコトも二度三度ではなかった。
僕としては、何でもいいから起業したいわけではなくて。
すごい人達とたくさん会っていて、卑下するのではなく冷静に、自分の実力が現状どの程度なのかもよくわかっていた。

応えられない期待を持たせないとか、関わりすぎるとマズい人と距離を取るとか、
もちろん積極的に関わりたい人と好ましい関係を築くとか……。
東京で交友関係を広げ、深めるうえで大切な事を、豊美姉さんに教わった。


「なんでこんなにしてくれるんスか? 」と言うと
「若くて優秀な男の子を育てるのが楽しいのよ」と言われる。
豊美姉さんのマイブームだったらしい。

いろいろ教えてもらうだけでなく、
「聞いて聞いて。イイ男見つけてん」
なんて恋愛話を聴くのがお約束だった。ダメ恋愛も含めて。
家も近く、ちょうどあいだにある行きつけの居酒屋で深夜によくそんな話を聴くのだった。

キッカケ③:石橋を叩き終える前に……。

もちろん、仕事もしていたよ。
監査法人には4月から正式に入社して勤務していたものの、あまり肌に合わなくて。

公認会計士は、国家試験合格後2年の実務経験を経て、最終の試験に合格すると一人前。
僕もそのタイミングで転職活動を始めた。
監査がやりたいわけじゃないし、合わないところに長くいる理由はないからね。
新規事業開発の力がつけたくて、会計系のコンサル会社に転職。

プライベートでは、豊美姉さんを介してだけでなく、いろんな場で人脈を広げ続けた。
豊美姉さんのおかげで、お酒の入った場でのコミュニケーションが特に得意になっていた。

仲良くなったひとりとはたまたま家が近く、仕事を終えて夜のジョギングに連れ立って出ることも。
仕事が特別デキるほうじゃないけど、勢いがあって明るく、人にも好かれている奴だ。




サラリーマンでは、応援したくても契約がないかぎり助けられない。
接するのに特別な理由が要る。
自分の城を持てば、店を持てば、“気軽に集える場所”になる。
そこに集まった人を僕が助けることも、人と人をつなげることもできる。
「30になるころには店やりたいんだよね」
そんな目標も、彼や、複数の仲間に話していた。

そんな30歳の区切りもそろそろ見えてきたころ。
自分のコミュニティづくりは続けていたし、そろそろ物件探しや独立後のあれこれを考えていた矢先……。

「俺、会社辞めるから! 」
例の彼が会社を辞めてしまったのだ。
道を整えるまで先走るなってあれほど言ったのに!




出資してもらう予定の7名の仲間に話すと、「佑哉には出す。あいつには出さない」で一致。
スキルもない、特別デキるやつではない、エネルギーだけある奴だから、妥当な判断だ。
「あいつ入れたら無理やと思うで。やめろ」とまで言われたものの、そもそも僕が声を掛けた責任も感じている。
あいつひとりを路頭に迷わせるのは忍びない。


仕事関係ではコンサルタントの知り合いが多い。
彼らには
「その状態で始めるのは、コンサルタントとしてのお前の信用が傷つくぞ」
「仮にうまく行っても、飲食店1軒成功させた程度じゃ、これまでのお前の実績の足しにならない。
 大きすぎるリスクと小さすぎるリターンを考えろ」
とことごとく反対された。そりゃそうだ。

ただ僕は、1件の仕事に成功して翌年の年収がどうなるというコトにはあまり興味がなかった。
プライベートでは経営者の知り合いが多いわけで、彼らを見ていると、自分の城を持つことの意義の大きさもわかる。
何より、新規事業の専門家を名乗るうえで、コミュニティを持つ重要性は強く感じていた。


石橋を叩いて叩いて、周到に準備して始めたかった店だけど。
「最悪僕が個人でコンサル取ってくれば、家賃だけはカバーできる」




こうして僕は「Acti」の経営に乗り出したのだった。

キッカケ④:今度は僕が、誰かのために。

2016年9月に始めた店。初めの数ヶ月は彼も頑張ってくれた。

年が明けてから様子が変化する。
というか、エネルギーが切れたんだろうな。
エネルギーを持続的に発揮するタイプじゃないんだ。


経営するうえで一番大変な集客は、僕が担当。
僕が一日に5,60人に声を掛け、24時間いつでもすぐに返信してコミュニケーションを取り続ける。
体重は10キロ落ちた。

声を掛けて来てくれた人を次の来店につなげるところは彼に任せたかったのだけど。
店で適当に話を合わせるだけじゃ、お客さんはリピートしてくれない。
継続して来てもらうためのこまめなケアの重要性を、彼は知っていても、行動はしなかった。
ずるずると、その部分も僕が引き受けるようになった。


店だけで成り立ってはいない経営だ。
僕が個人的に取ってくるコンサルで家賃を払ったり、僕や彼への給料を払ったりする。
するとどうしても僕の発言力が大きくなり、彼の肩身は狭くなる。
さすがに彼にもわかるんだ、自分が店の役に立っていないってコトが。

自分の居場所が欲しかったんだろう。
まだまだ火の車の店で、集客やファンづくりを手伝うでもなく彼は、自分の事業立ち上げのための作業を堂々とするようになった。
もちろん注意はしたけど。
彼はプライドを履き違え、コトもあろうに噛みついてきたのだった。


数ヶ月のあいだにあれこれ証拠を集め、これ以上は無理だというところで迎えた株主総会。
僕らは全会一致で彼を追い出した。



挫折がないとか失敗をしないとか器用だとか、見られるんだけど。
一度失敗してそれを取り返すのに労力を掛けるのが嫌だから、僕は前もって周到に、人の何倍も準備してコトに臨むんだ。
そんな僕の人生のなかで、店を始めたのがほぼ唯一かな、準備が完璧じゃないのにコトに踏み切ったのは。

彼の性格も能力も見極めていたつもり。
実際に経営してみて、そこを見誤ったわけじゃないとも思う。

間違っていたのは、リスクの取り方かな。
彼と組むことで生まれるロスを僕のコンサル報酬で補填する、というリスクの取り方。
そこを間違った自分が悪い。
彼の生み出すロスを僕が補填するのではなく、ロスを生まない形を取るべきだった、と反省した。


とはいえ、どのみち30で始めるつもりだった店だ。
初めのうちは店とお客さん、僕とお客さんの信頼関係を強固に。
ある程度コミュニティとして場のあたたまったいまは、もとからやりたかった“人と人をつなげる”ということに積極的に取り組んでいる。
すでに活動している人同士をコラボさせてうちでイベントをしたり、いま活躍している人にそのさらに先を開かせるきっかけを作ったり。

せっかくおもしろいコンテンツや熱い想いを持っていても、それを広げる事の苦手な人は多い。
もとから人や場のプロデュースのしたかった僕だ。
長年学んだり身につけたりしてきたものを、そんな人たちの役に立てる仕事は、最高に楽しいよ。

“努力の仕方の下手な人”というのもいてね。
イイものを持っているのに、苦手を埋めなきゃ、自力でやらなきゃ……と実りにくい努力を続けると、貴重な時間を浪費してしまう。
僕のところに来てもらえれば、僕にできる事は提案するし、僕の人脈で間接的に助けることだってできる。
豊美姉さんが僕にしてくれたように……いま力を発揮しきれていない人のために、今度は僕が力になりたいんだ。

おもしろい発想やエネルギーを空回りさせず、いろんな人と付き合って、助けてもらったらいいよ。
その過程では、もちろんあなたが人を助ける場面だってあるだろう。
ステキじゃないか、その循環。

あ、でもそのなかで、付き合う人の見極めはしっかりね。
特に経営をする人は、情にほだされちゃダメだよ。


こんな僕のKeyPage。役に立ててもらえたらうれしいです。
そして、ぜひ店に遊びに来てね!

この記事をお気に入りに登録

掲載日:2018年09月02日(日)

鍵人No.0107

松本佑哉(まつもとゆうや)

1986年、滋賀県生まれ。滋賀県の大学在学中に公認会計士の国家資格を取得。22歳で状況、監査法人に就職。プライベートで中村豊美氏に師事、多大な影響を受ける。26歳の時にコンサル会社に転職。2016年、昼間は戦略コンサルタントとして独立しながら、みんなの活動拠点「Dining Cafe & Bar Acti」オープン。

HP: https://peraichi.com/landing_pages/view/acti

最新のキッカケ

ほかのキッカケを見てみる!

ちょこっとKeyPage

ちょこっとKeyPageを見る